Home > 2005年05月

ヒメアカタテハ

2005年05月24日

ヒメアカタテハをみるのは桜の花でみたのに次いで今年二度目。いつみても綺麗なので好きな蝶のひとつ。道端に咲き誇るオオキンケイギク?で懸命に吸蜜中。人影にも次第に慣れてきたのか、レンズを向けても逃げていく様子はありません。いつもは逃げられてその場を去るのに、今回のヒメアカタテハは吸蜜している姿をみながらその場を去りました。


ヒメアカタテハ ヒメアカタテハ ヒメアカタテハ
▲都筑の道端(横浜市都筑区)

和名:ヒメアカタテハ|英名:姫赤 |学名:Painted Lady|科名:タテハチョウ科タテハチョウ亜科|時期:多化性|食草:キク科のハハコグサ、ヨモギ、ゴボウ、チチコグサなど

posted by chozan at 12:00 | Comment(10) | TrackBack(0)

モンシロチョウ

2005年05月24日

久しぶりにみたモンシロチョウ。朝食に夢中になっているところを失礼〜。第二化でしょうか、新鮮な個体は化粧のノリもよく、楚々として綺麗。ゴマダラチョウにアカシジミと、しばらく上を見上げていたので、楽ちん楽チン。


モンシロチョウ モンシロチョウ モンシロチョウ
▲牛久保公園(横浜市都筑区)

和名:モンシロチョウ(紋粉蝶)|英名:|学名:Pieris rapae|科名:シロチョウ科シロチョウ亜科|時期:3〜11月|食草:アブラナ科の栽培種、帰化種、在来種

posted by chozan at 11:00 | Comment(4) | TrackBack(0)

アカシジミ

2005年05月24日

忙しく翔び廻るゴマダラチョウとは対照的に、葉っぱの上でじっとしているアカシジミ。名前とは異なりオレンジ色が鮮やかで美しい。なかなか写真を撮らせてくれません。レンズにお尻を向けた写真を撮ったところで這い上がるように空に舞っていきました。右端の写真は夕方、ずーっと上のほうにとまっているところを撮ったもの。


アカシジミ アカシジミ アカシジミ
▲牛久保公園(横浜市都筑区)

和名:アカシジミ(赤小灰蝶)|英名:|学名:Japonica lutea|科名:シジミチョウ科|時期:5月下旬〜7月|食草:ブナ科のコナラ、ミズナラなど

posted by chozan at 10:00 | Comment(5) | TrackBack(1)

ツマグロヒョウモン

2005年05月19日

エノキの周囲を翔びまわるゴマダラチョウ。その下の草むらにたって眺めていると、ツマグロヒョウモン♂が背後を通り過ぎて、ぴたっととまりました。近づくと翔んでいってしまいますが、すぐに戻ってきます。次は未だ見ぬ♀に挑戦・・・。


ツマグロヒョウモン ツマグロヒョウモン ツマグロヒョウモン
▲牛久保公園(横浜市都筑区)

和名:ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)|英名:|学名:Argyreus hyperbius |科名:タテハチョウ科タテハチョウ亜科|時期:多化性|食草:スミレ科各種

posted by chozan at 09:00 | Comment(10) | TrackBack(0)

クロヒカゲ

2005年05月16日

宮谷戸のほんのり薄暗い畦道を歩くと、焦げ茶色をした蝶がどこからともなく翔び上がって小さな日溜まりの葉っぱの上に。クロヒカゲというジャノメチョウ科の蝶でとても地味です。最近よくみかけるようになりました。右端の写真は左2枚のものとは別の個体です。


クロヒカゲ クロヒカゲ クロヒカゲ
▲都筑中央公園(横浜市都筑区)

和名:クロヒカゲ(黒日陰)|英名:|学名:Lethe diana|科名:ジャノメチョウ科ジャノメチョウ亜科|時期:5〜9月|食草:イネ科のササ類

posted by chozan at 15:00 | Comment(6) | TrackBack(0)

ホオノキ

2005年05月16日

大きな葉に大きな花。見事な咲きっぷり。ともに日本で最も大きいといわれているそうです。ここ2ヶ月ほど小さな花ばかりをみてきたので、ちょっと興奮してしまいます。いろいろと調べているうちに、朴葉味噌が食べたくなってきました。


ホオノキ ホオノキ ホオノキ
▲都筑中央公園(横浜市都筑区)

和名:ホオノキ(朴の木)|別名:ホオガシワ|学名:Magnolia obovata|科名:モクレン科モクレン属|花期:5〜6月|形態:落葉高木

posted by chozan at 14:00 | Comment(4) | TrackBack(1)

ガマズミ

2005年05月16日

これはガマズミかな?オオデマリ、カンボクと同じくスイカズラ科ガマズミ属。秋には赤い実がなり、漬け物の染料として使われるそうです。ただ、実が黄色に熟すものもあるようで、こちらはキミノガマズミ。実が熟してみないとホントの名前はわからないのかな。


ガマズミ ガマズミ ガマズミ
▲都筑中央公園(横浜市都筑区)

和名:ガマズミ|別名:ヨソゾメ、ヨツズミ|学名:Viburnum dilatatum|科名:スイカズラ科ガマズミ属|花期:5〜6月|形態:落葉低木

posted by chozan at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0)

カンボク

2005年05月16日

アジサイ?それともオオデマリの花が散った?近づいてみると、オオデマリとは葉の形が違います。調べてみると、カンボクというそうです。テマリカンボクというオオデマリに似た花の母種とのこと。いずれもスイカズラ科ガマズミ属。似ているわけです。


カンボク カンボク カンボク
▲都筑中央公園(横浜市都筑区)

和名:カンボク(肝木)|別名:|学名:Viburunum opulus var. calvescens|科名:スイカズラ科ガマズミ属 |花期:5〜6月|形態:落葉低木

posted by chozan at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0)

エゴノキ

2005年05月11日

エゴノキ?の真っ白な花。洒落た灯具のようにもみえ、たくさんぶら下がっている様は近所のY電機の照明売り場みたいです。ヒトツバタゴといい、このエゴノキといい、この日みた純白の花はすっと気持ちを落ち着かせてくれます。


エゴノキ エゴノキ エゴノキ
▲くさぶえのみち(横浜市都筑区)

和名:エゴノキ|別名:チシャノキ|学名:Styrax japonica|科名:エゴノキ科エゴノキ属|花期:5〜6月|形態:落葉高木

posted by chozan at 18:00 | Comment(2) | TrackBack(0)

ヘビイチゴ

2005年05月11日

食べました。ヘビイチゴの赤くて小さな実を・・・。図鑑に書いてあったとおり、”全然美味しくない”ですね。というよりも、ほとんど無味でござる〜。


ヘビイチゴ ヘビイチゴ ヘビイチゴ
▲徳生公園(横浜市都筑区)

和名:ヘビイチゴ(蛇苺)|別名:|学名:Duchesnea chrysantha|科名:バラ科ヘビイチゴ属|花期:4〜6月|形態:多年草

posted by chozan at 17:30 | Comment(2) | TrackBack(0)

オオベニウツギ

2005年05月11日

名前を調べるのに一苦労。オオベニウツギの園芸品種「オーレオヴリエガータ(aureovariegata)」でしょうか?斑入りの品種で、花も綺麗ですが、葉の方もしっかりと目立っていました。ウツギと名のつく仲間もいろいろあって難しいなぁ。


オオベニウツギ オオベニウツギ オオベニウツギ
▲くさぶえのみち(横浜市都筑区)

和名:オオベニウツギ(大紅空木)|別名:|学名:Weigela florida|科名:スイカズラ科タニウツギ属|花期:4〜5月|形態:落葉低木

posted by chozan at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0)

ミズキ

2005年05月11日

葉っぱの上に扇形の白い飾り物をつけたような雰囲気のミズキ。その飾り物も近くでみると、細長い4枚の花びらをもった花がふんわりとたくさん集まっています。”春先に枝を折ると、樹液が水のようにしたたる”ことが水木という名前の由来だそうです。


ミズキ ミズキ ミズキ
▲くさぶえのみち(横浜市都筑区)

和名:ミズキ(水木)|別名:クルマミズキ|学名:Cornus controversa|科名:ミズキ科ミズキ属|花期:5〜6月|形態:落葉高木

posted by chozan at 16:30 | Comment(5) | TrackBack(2)

ユウゲショウ

2005年05月11日

この日、足下で最も目立った花がこれ。ユウゲショウ=夕化粧。なにやら怪しげな雰囲気の名前です。小さい割にはとても存在感があるのは花の色のせいでしょうか。花びらには人の毛細血管のようなものが!?なんなんでしょ?化粧?


ユウゲショウ ユウゲショウ ユウゲショウ
▲くさぶえのみち(横浜市都筑区)

和名:ユウゲショウ(夕化粧)|別名:アカバナユウゲショウ|学名:Oenothera rosea Ait.|科名:アカバナ科マツヨイグサ属|花期:6〜9月|形態:多年草

posted by chozan at 16:00 | Comment(5) | TrackBack(1)

ヒトツバタゴ

2005年05月11日

とうとう咲きました。ナンジャモンジャの花。去年からずーっと待っていました。近くでまじまじと眺めるのは初めて。そよそよと風に吹かれて涼しげでとても綺麗。遠目にみれば木々の緑の中で真っ白な花がひときわ目立っていました。お気に入り。


ヒトツバタゴ ヒトツバタゴ ヒトツバタゴ
▲くさぶえのみち(横浜市都筑区)

和名:ヒトツバタゴ|別名:ナンジャモンジャ|学名:Chionanthus retusus|科名:モクセイ科ヒトツバタゴ属|花期:5月|形態:落葉高木

posted by chozan at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0)

イロハモミジ

2005年05月11日

イロハモミジの実。不思議な形をしていて興味津々。こういう形の実を「翼果」というそうです。真ん中の膨らみが種子で、薄赤く開いた羽のような部分が翼。風に乗ってひら〜っと飛んでいくんですね。アップで撮ったのに、種の部分はボケていました。


イロハモミジ イロハモミジ イロハモミジ
▲くさぶえのみち(横浜市都筑区)

和名:イロハモミジ(いろは紅葉)|別名:イロハカエデ(いろは楓)、タカオカエデ(高雄楓)、コハモミジ(小葉紅葉)|学名:Acer palmatum thunb.|科名:カエデ科カエデ属|花期:4〜5月|形態:落葉高木

posted by chozan at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0)

ナガミノヒナゲシ

2005年05月11日

道路のツツジの植え込みの脇からひょろりと顔を覗かせているのをよく目にするので、前から気になっていました。この写真は緑道の脇の草っぱらで撮ったものですが、近寄ってみればなかなか綺麗な花です。帰化種だそうで、最近いろいろなところで増えていっているようです。


ナガミノヒナゲシ ナガミノヒナゲシ ナガミノヒナゲシ
▲くさぶえのみち(横浜市都筑区)

和名:ナガミノヒナゲシ(長実雛罌粟)|別名:|学名:Papaver dubium|科名:ケシ科ケシ属|花期:4〜5月|形態:多年草

posted by chozan at 14:30 | Comment(2) | TrackBack(0)

アオスジアゲハ

2005年05月10日

シロツメクサで吸蜜中のアオスジアゲハ。ブルーの斑紋が美しく格好いい。翅をぱたつかせてあっちいったり、こっちいったりするので、翅をきちんと広げた写真が撮れなかったのは残念。でも、ようやく撮影できたので満足満足。


アオスジアゲハ アオスジアゲハ アオスジアゲハ
▲八所谷戸公園(横浜市都筑区)

和名:アオスジアゲハ(青筋揚羽)|英名:|学名:Graphium sarpedon|科名:アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科|時期:4〜10月|食草:クスノキ科の植物

posted by chozan at 10:00 | Comment(2) | TrackBack(0)

アマドコロ

2005年05月09日

道路際で芽が出てきたので何だろう?と思ってたら、いつの間にか花が咲いていました。アマドコロだそうです。私が植えたものではないので、前の住人さんが植えたのでしょうか。これと似た花にナルコユリ(鳴子百合)があります。花筒の基部と茎の断面から違いがわかるようです。


アマドコロ アマドコロ アマドコロ
▲庭(横浜市都筑区)

和名:アマドコロ(甘野老)|別名:|学名:Polygonatum odoratum var.pluriflorum|科名:ユリ科アマドコロ属|花期:4〜7月|形態:多年草

posted by chozan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0)

ヤマボウシ

2005年05月03日

咲き始めのヤマボウシ。総苞片の色は白というより黄緑色。これから真っ白に変わっていくのでしょうか。写真を撮るには早すぎたかもしれません。ハナミズキとそっくりだけど、総苞片の先でみわけがつくといいいます。熟した実は甘く、果実酒にも用いられるとのこと。


ヤマボウシ ヤマボウシ ヤマボウシ
▲大塚・歳勝土遺跡公園(横浜市都筑区)

和名:ヤマボウシ(山法師)|別名:ヤマグワ|学名:Cornus kousa|科名:ミズキ科ミズキ属|花期:6〜7月|形態:落葉中高木

posted by chozan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Pagetop | Home | back

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。